人々に愛される博多らーめんの魅力!

観光や文化・ファッションの中心として賑わう博多市は、バラエティ豊かなご当地グルメの宝庫です。他県では味わえないメニューが数多くあります。もつ鍋や一口餃子・明太子・辛子高菜などが有名ですが、博多グルメと言えば何と言っても「博多らーめん」があげられます。

ここでは、そんな博多らーめんの魅力を伝えていきます。

博多らーめんとは?

博多らーめんとは、福岡県博多市発祥のラーメンです。ラーメン専門店や中華店のほかにも、博多で人気のある屋台でも味わうことができます。味付けや色合いは店舗・地域により様々ですが、豚骨ベースの乳白色のスープにストレート細麺が入ることが特徴です。

ご当地ラーメンブームにより、全国に博多らーめんの店舗が進出し、人気を集めています。また、テーマパークやグルメイベントなどにも出店され、大きな話題を呼んでいます。カップ麺の販売により、その知名度は急上昇しました。

長浜地区のラーメン店では、深夜営業や24時間営業の店舗も多く、宴会の二次会・三次会での利用や、シメとしてよく選ばれています。発祥については諸説ありますが、1941年頃中州の福岡玉屋近くの博多川沿いで、森堅太郎氏が開業した「三馬路」で豚骨スープに平打ち麺を入れて提供したことが始まりだと言われています。

また、「長崎ちゃんぽんのスープからヒントを得た」・「久留米のうどん屋台店主が開発した」・「戦時中に中国で食べたラーメンを元に、開発した」・「不注意で豚骨スープを長時間に火にかけ、偶然白濁したスープが誕生した」など、様々な説が囁かれています。

博多らーめんと長浜らーめんの違いとは?

長浜らーめんは、長浜にある「福岡市中央卸売市場鮮魚市場」の周辺屋台で、主に市場の関係者に向けて提供されたラーメンです。競りの合間の短い時間で食べられるように、素早く茹でられる極細麺になりました。元々は、博多らーめんと長浜ラーメンは別物でしたが、近年地元の若い世代にはほぼ同義語として考えられています。

しかし、博多らーめんは豚骨ベースのスープに魚介だしを加えたり、改良を重ねている店舗が多いのに対し、長浜ラーメンは昔と変わらない豚骨スープに極細麺のラーメンを守り続けている店舗が多いようです。

博多らーめんの麺の特徴は?

博多らーめんの麺は、そうめんのように白く細いストレート細麺です。福岡県がラー麦を開発し、2009年から流通しています。加水率が低いため、スープを吸いやすく伸びやすいのが特徴です。そのため、他の地域と比べて1杯が少なめの分量で提供している店舗が多いです。

麺が細い理由は、スープとよく絡むようにするため・時間に余裕のない人に素早く提供するためであると考えられています。また、ほとんどの店舗で注文時に麺の硬さを指定することができます。硬さを表す言葉に「ハリガネ」・「バリカタ」・「カタ」・「やわ」・「バリやわ」などがあります。

こだわりを持ち「バリカタ」を「ナマ」と呼ぶ店舗もあります。「カタ」・「やわ」はそのまま硬い・柔らかいの意味で、「バリ」は福岡でよく使われる強調表現です。福岡市内のラーメンでは、8割の注文が「カタ」であることがわかっています。

また、「ふつう」と注文しても比較的硬めで提供されます。

博多らーめんのスープの特徴は?

博多らーめんのスープのほとんどは、豚骨スープです。しかし、他地域でイメージされている「豚骨スープ=こってり・油っぽい」というスープだけではありません。老舗や屋台ではまろやかでありながら、さっぱりとしたスープで提供する店舗が多く、「1度食べたらイメージが変わった」という感想がよく聞かれます。

スープのまろやかさと乳白色は、豚骨を強火で長時間煮込むことにより、ゼラチンが溶け出しているためです。また、「豚骨スープ」と言えば、強いにおいが思い浮かぶ方も多いでしょう。「そのにおいが豚骨ラーメンの醍醐味」と考える店舗もありますが、「そのにおいがあるために、豚骨ラーメンに抵抗がある」という人もいます。

そのため、豚骨の血抜きなどの丁寧な下処理を行い、においを抑える工夫をしている店舗もあります。

博多らーめんの具材の特徴は?替え玉とは?

博多らーめんの具材はシンプルで、ネギとチャーシューだけという店舗が多いです。その他には、キクラゲやもやし・メンマなどが入っている店舗もあります。一説によると、全体の色合いが「葬式の鯨幕のよう」という意見から、紅ショウガを加えたと言われています。

また、テーブル上には白ゴマや辛子高菜などが置かれていて、各自自由にトッピングできるシステムになっていることが多いです。1杯の麺の量が少ないため、「替え玉」という麺だけをおかわりするシステムも定番です。ラーメンの味が濃い目なのは、替え玉を前提として作られているからと考えられます。

替え玉時は、スープの温度が下がっているため、麺は柔らかめで注文することをおすすめします。また、替え玉してスープが薄くなってしまった場合には、テーブル上にある「ラーメンだし」・「ラーメンダレ」などで調節することができます。

博多らーめんのおすすめ店舗は?

博多らーめん1番のおすすめは、安定した人気と確かな味を誇る「福岡の博多純情らーめんの店博多らーめんShin-Shin」です。店舗は、天神本店・住吉店・博多デイスト店・KITTE博多店の4店です。原点の味である「博多ShinShinらーめん」は、あっさりジューシーなスープに1度食べたら病み付きです。

とろ~り半熟の煮卵にスープを浸して頬張るのは、至福のひと時です。また、サイドメニューながらもモチモチの皮にジューシーな餡が詰まった焼き餃子は、店舗のこだわりが見える一品です。らーめんは、「どんぶりという器に盛られたフルコース」というコンセプト通り、1杯のらーめんが絶妙なバランスでフルコースのようにまとまっています。

「博多一双」はスープをじっくり煮込み、豚骨独特の臭みを抑えた味わい深い1杯で、リピーターの多い店です。泡だったスープは「豚骨カプチーノ」と呼ばれています。しっかりと噛みごたえのあるしなやかな麺とスープのうま味を最大限に引き出すこだわりのブレンドダレは、食べる価値のある1杯です。

「長浜ナンバーワン」は、屋台からスタートした老舗です。臭みの少ない濃厚でとろりとしたスープと麺の一体感は完成度が高いです。良心的な価格も人気の秘密です。

合わせて読む:博多ラーメンの歴史や特徴、及び「博多一双」など人気のある博多ラーメンのお店を紹介