博多ラーメンの歴史や特徴、及び「博多一双」など人気のある博多ラーメンのお店を紹介

現在、全国には様々な特徴をもったラーメンが存在していますが、福岡県発祥の博多ラーメンもそのひとつに挙げられるでしょう。博多ラーメンには、他のラーメンにはない特徴がいくつかあります。博多ラーメンを食べた事がない人にとっては、どのような特徴があるのかイメージしにくい方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は博多ラーメンに注目してその歴史や特徴、またおすすめしたい博多ラーメンのお店などを紹介します。

博多ラーメンの歴史を紹介

博多ラーメンは、とんこつスープとストレートな極細麺がベースとなっているラーメンです。白く濁ったスープが特徴的で、豚骨を強火で沸騰させると骨にあるゼラチンが溶けて乳白色のスープになります。とんこつラーメンと聞くと福岡発祥のご当地メニューとイメージされる方も多いのではないでしょうか。

仕事や観光目的で福岡を訪れたことのある方は一度は食べてみたいと思うグルメだと思います。しかし、とんこつラーメンの発祥地は博多と思っている方が多いようですが、実際は、福岡県の久留米市なのです。とんこつラーメンが誕生したのは、昭和12年に久留米駅前に開業したラーメン屋台と言われています。

その屋台の創業者は当初、うどんを提供する屋台として営業していました。昭和10年頃に当時、鶏がらや豚骨を使って作り出したスープが関東で流行している事を聞きつけ、その創業者は現地のラーメン屋で修業を積む事になりました。

そして、とんこつのみのスープとして誕生したものがとんこつラーメンのはじまりと言われています。とんこつのみのスープが生まれた理由としては創業者が長崎県出身で、現在では長崎のご当地グルメとなっているチャンポンの濃厚なスープを参考にしたという説があります。

その後「こむらさき」や「桂花」などのとんこつラーメンを提供するお店が次々と開業していき、九州全体にとんこつラーメンが広まっていきました。そして現在では、同じとんこつラーメンでも地域によって特徴が異なっている傾向にあります。

例えば久留米市を境に南部エリアはスープが濃厚で北に上っていくほどスープの濃さは薄くなっている傾向にあると言われています。

極細麺は博多ラーメン最大の特徴!

博多ラーメンの特徴としては麺が極細であるという事で、一般的な麺と比べると細くなっています。極細麺は博多ラーメンに限らず、他のラーメンでも使用されていますが、とんこつラーメンに使われる場合が多い麺のタイプと言えるでしょう。

通常の麺と比較すると細くなっているので、食べやすいと感じている人も多く、細麺が好きだという女性も少なくありません。しかし極細麺には、通常の麺より伸びやすいという難点もあります。そのため、大盛りの注文を受け付けていない店舗も一部あります。

それは、大盛りのラーメンを提供すると全部食べきるまでに麺が伸びてしまう可能性があるという背景があるからです。そのため、博多ラーメンを作っているお店では、大盛りではなく替え玉という方法で麺を増量しているケースが多くなっています。

替え玉は最初に注文したラーメンの麺を食べ終えたらスープはそのままで麺を新たに追加してもらえるというシステムです。替え玉は追加料金として費用はかかりますが、面が伸びてしまう心配はなく、美味しく食べきる事が可能です。

またお店によっては麺の硬さを自由に選択できるようになっています。麺の硬さを自分好みにできるので、柔らかい麺の博多ラーメンを味わう事もできます。

スープやトッピングも特徴的な博多ラーメン!

博多ラーメンでは、スープにも特徴があり、基本的にスープはとんこつスープをベースにしているラーメン店が多くなっています。とんこつスープは長時間じっくり煮込んで出汁をとり、その出汁を使ってスープを作るようにしています。

ゆっくり時間をかけて出汁をとると豚骨に含まれているゼラチンが出汁に取り入れられるので、濃厚でとろみがあるスープを生み出す事ができます。とんこつスープは濃厚さがひとつの特徴となっているので、ラーメン店の中には工夫をして脂っこさを抑えたスープに仕上げている所もあります。

そのため、女性でも抵抗なくスープを飲める博多ラーメンを提供しているお店は増えてきています。またトッピングも博多ラーメンの特徴として挙げられます。現在、ほとんどのラーメン店では種類に関係なくトッピングが提供される事が普通となっています。

博多ラーメンの場合、最も有名なトッピングなのが紅ショウガと言えるでしょう。ラーメン店の大多数は紅ショウガを無料で提供してくれているので、気軽に取り入れられるトッピングです。博多ラーメンには替え玉というシステムがありますが、替え玉のついでに他の味も試してみたいという事でトッピングを追加する人も少なくありません。

ネギやニンニクを多くトッピングする人などもおり、多様な博多ラーメンの楽しみ方があります。

「博多一双」や「長浜ナンバーワン」は地元では人気の有名店です!

博多ラーメンを提供しているおすすめな店舗は、博多駅から徒歩約6分の所にある「博多一双 博多駅東本店」です。ラーメンの美味しさはもちろん、店内は落ち着いた雰囲気となっており、ゆっくりラーメンが楽しめます。

とんこつラーメンのスープは、骨の各部位の比率が絶妙に調整した上で、骨がくずれるまでじっくり煮込んだスープとなっています。とんこつにある独特な臭みがなく濃厚な味に仕上がっています。一方麺は、細い平麺を使っているのでスープとの相性も良く、モッチリとした食感も楽しめます。

女性の方も多く訪れている人気のラーメン店と言えるでしょう。次に紹介したいおすすめしたいには、地下鉄祇園駅から歩いて2分ほどの所にある「長浜ナンバーワン 祇園店」です。1971年に創業したラーメン店で地元の方にはほとんど知られているほどの有名です。

このお店で提供しているのは長浜ラーメンで、スープは「なめらかさ」と「まろやかさ」があり、口当たりの優しいスープに仕上がっています。またストレートな極細麺を使用しており、つるっとしたのど越しが楽しめます。

地元の人だけでなく観光客にも長年親しまれている人気店と言えます。

合わせて読む:博多ラーメン膳天神メディアモール店さんにお邪魔しました

他にもまだある美味しい博多ラーメンが味わえるおすすめラーメン店!

他にもおすすめしたい博多ラーメンのお店がたくさんあります。例えば博多駅から徒歩約5分の所にある「博多一幸舎 博多本店」もそのひとつです。熟成したスープをベースに豚骨を頻繁に入れ替える事で凝縮された旨味と味を引き出しています。

麺は自家製麺で、小麦本来の香りやモッチリとした食感が楽しめるようになっています。店内は清潔感のある空間となっており、「味玉チャーシュー麺」が人気となっている有名店です。